【めざせ自由人!】契約打ち切り!webライターへの道のり険し!

昨日偉そうに己のパチンコ論を語っていたワタクシではございますが、1ヶ月ほど前からクラウドワークスにてスタートしていたライティング案件の契約が1件打ち切りになりました(泣)

f:id:af8de1006:20180709100445j:plain

(チーン)

 

いやー、現実はなかなか難しいもんです。

 

でも勉強になりました。

 

ライティングって文を書くだけがライティングじゃないんですね!(どーん!!)(;^ω^)

 

たぶんすでにライターをされている方からすると

「何言ってんだこいつ?」

というお話だと思うんですけど、これからwebライターをやってみたい!と思っている方、知ってました?(知ってるか 笑)

 

クラウドワークス上にはたくさんの仕事依頼があって、ライティング以外のデザインやらなんやら~という仕事がいろいろあるんですけど、僕は1か月前にほぼ同じタイミングで2件の仕事が決まったんですね。

 

 (これねこれ↓クラウドワークス)

(もしかしたらアナタの特技を生かせる仕事があるかもなので覗いてみては?^^)

 1つはまさに僕が想像していたテーマに沿った“文章のみ”を書くお仕事。

ひたすら文字を書く!ひたすら書く!とにかく書く!かくかくかく!

 

そしてもう1つは文章+写真を使い、1つの記事を完成させるお仕事。

この2つ目のお仕事が今回契約打ち切りになってしまったんですが、どこどこに写真を貼って~、どこどこにこのリンクを貼って~、みたいな作業もあってページを作りこんでいく作業で楽しくやれていたんですが、どうもクライアントさんのガイドラインに沿っていなかったようなんですよね(;^ω^)

 

う~ん、難しい。

 

昨日の記事にも書いた通り、やっぱりお金を稼ぐってのは大変なもんですね。

 

ただクラウドワークスをやってみて感じたのは

『1~10まで全て自分の実力がお金に変わっている』

ということ。

 

これがすごく特別な感覚だったんですよ♪(*´▽`*)

(時給換算すると地獄だけどね 笑)

 

会社勤めだと自分1人の力で成果を出すってないじゃないですか?

会社に勤めている時点で自分の力に“会社の力”も加わっているわけです。

 

バリバリのトップセールス営業マンだって売っているのは“会社の製品(サービス)”だし、一流料理店のシェフだって雇われであれば“その店の力(名前)”がサポートしてくれていると考えることが出来ます。

 

しかしクラウドワークスの業務は何の後ろ盾もなく、完全に自分の実力のみでの勝負です。要はフリーランスですよね。

 

僕はこの世界で生きていけるように頑張りたいと思います!

(契約打ち切られたけど)

 

そしてそこからさらにステップアップしていくのです!

(契約1ヶ月で打ち切られたけど)

 

皆さま、頑張りましょう!

(研修記事作成→合格→記事作成→もう1回研修記事作成→契約打ち切りだったけど)

 

以上、完全なる実力不足のタコブス屋.comでした!

 

 (実は自分の得意を売り買いできる“ココナラ”↓も気になっている)