【キンコン西野san革命】大先生に学ぶ“現実とファンタジーの境界線の消し方”

こんにちは。

書きたいことを書く!と開き直ったタコブス屋.comです。

 

昨日の記事通り、ここ一週間ぐらいは

「どんなブログにすると良いのだろう・・・?」

と素人なりに考えていたわけなんですが、そこで1つ思いついたのが

【ファンタジーの中のキャラクターを現実世界で生きさせられないか?】

でした。

 

うん。何を言ってるかさっぱり分かりませんね( ゚д゚)ポカーン

その気持ち、分かります。

 

キンコン西野さんは以前ブログで

「ARのテクノロジーが発展すれば絵本の世界を歩けるようになる」

「むこう10年で現実とファンタジーの境界線をそこそこ消せる」

とお話されていました。

 

記事はこちら↓

ameblo.jp

 

さすが時代の革命児&ハンサム

考えていることがぶっ飛んでいます!

(最近ハンサムネタなくなってさみしいなー)

 

またARだけじゃなく個展や美術館など様々な企画でもプぺルの世界観を再現されているので、ことあるごとにお客さんはすでに絵本の世界に片足をつっこんでいるのかもしれません。

 

ここで考えました。

 

これらはどちらかと言えば『自分がファンタジーの世界に入る』イメージ。

では逆に『ファンタジーの世界のキャラが現実世界に来ることは出来ないか?』と。

 

と言ってもディズニーランドにいる気ぐるみのミッキーみたいなことではありません。

あれは“気ぐるみの姿”を見ることで逆にファンタジー上のキャラクターということを確認出来てしまうので逆です。

f:id:af8de1006:20180806053415j:plain

出典:https://twitter.com/MezzoMikiD/status/799367896405114880

(ハハッ ミッキーだよ)

 

ぼやかすぐらいが良いんです。

 

そこで頭をよぎったのが先日無事に?決着がついた

箕輪さんVS水道橋博士さんのHATASHIAIです。

www.value-press.com

 

試合結果うんぬんは置いといて、その前までのツイッターでのやり取りが興味深かったんですよ(^^♪

 

箕輪さんのツイッターを覗けば箕輪さんとファンの方が水道橋博士さんのことをあーだこーだ言って、水道橋博士さん(←名前長いな!)のツイッターを覗けば博士さんとファンの方が箕輪さんのことをあーだこーだと言っている。

 

両者の意見が全く食い違っているのがリアルタイムで見て取れる。

 

また別の話で言うと少し前に与沢さんが

「お前名誉棄損で訴えるぞ!!」

ツイッターでバトルをしていた。

 

これも両者のバトルを中心に見ている方のコメントなども入りリアルタイムでその様子が見て取れた。

 

もちろんこれらは全て実在する人物がやっているわけですが、

【リアルタイムのやり取りを見ると、見ている人の中でその存在が強くなる】

ことを感じたのです。

 

つまりもし箕輪さんと博士さんが架空の人物だったとしても、あのやり取りを見るとまるで実在しているかのように錯覚してしまうのではないか?ということです。

 

ただツイッター上のやり取りでは足りません。

 

いちおう頭では架空のキャラクターと分かっているわけですから、それがやり取りしているだけでは“しらけるだけ”です。

 

例えばルパンと次元がツイッターでやり取りしているだけではファンタジー上の人物がツイッターをしている風になっているというだけで現実感は0。

 

「何これ?さむっ」って感じです。

 

そこで他のSNSとシンクロさせます。

 

例えばルパン一味が美術館に盗みに入るとします。

この時、当然ながら美術館や狙うお宝は実在するものに設定します。

 

そして盗みに入る前から終わりまでの一連をそれぞれのキャラクターが別々のSNSで発信するのです。

 

例えば、五右衛門がフェイスブック

「またルパンが盗みに入るらしい」

斬鉄剣を磨かねば・・・」

と投稿。

f:id:af8de1006:20180806054358j:plain

出典: http://knoike.seesaa.net/article/152843054.html

 

ブログでは次元が

「ーったくルパンのやつ、また不二子に騙されてんじゃねーのか?」

とか言いながら

「これが今回の狙いだとよ。」

とお宝に関して情報をUP。

f:id:af8de1006:20180806055003j:plain

出典:https://dsara.blog.fc2.com/blog-entry-709.html

 

盗みの当日、ルパンが美術館を目の前にしてツイッター

「目的地とうちゃ~く♪」

「待っててねお宝ちゃ~ん」

とつぶやく。

f:id:af8de1006:20180806055703j:plain

出典:http://originalnews.nico/92178

 

不二子はインスタで

「今日の相棒♡良い仕事してね」

と愛車:ハーレーの画像を公開。

f:id:af8de1006:20180806060204j:plain

 出典:https://s.response.jp/article/img/2013/04/18/196304/552507.fullscreen.html

 

ユーチューブでは銭形警部が

「インターポールの銭形だ。」

「これがルパンから届いた予告状です!」

と捜査についての実況と解説をする。

f:id:af8de1006:20180806060448j:plain

出典:http://jin115.com/archives/52149139.html

 

といった具合。

 

大事なのは全て実在している人物が行っているかのような投稿であること。

時間帯や場所、各キャラクターの投稿のタイミングなどが全てリアルでないといけません。

 

そしてそれぞれの投稿だけを見ていても面白い。

全部を見ればなお面白いという投稿のクオリティも当然大切です。

 

思い付きでバババッと書いたのでもしかしたらすでにそういうものがあるかもしれないんですが、なんだか面白そうじゃないです?( *´艸`)

 

さらに言えば与沢さんのツイッターバトルの時みたく、

「ルパン発見しましたー!」

と見ている人が捜査官役でコメント(参加)出来るのも良いかもしれません。

 

現実には盗みに入っていないのでハプニングが起きない分、そういう“コメントの乱入”というハプニングが起きるのは面白そうです。

(ただこれを許してしまうと収拾がつかなくなりそうですが 笑) 

 

なかなかやるとなると大変そうですが、見てみたいなー。

“現実感”がどれだけ出るかですよね。

 

まぁそんなわけでアレコレと妄想を膨らませているタコブス屋.comなのでした。