キンコン西野さんの新著【新世界】は新たな次元階層への手引書だ!!

こんにちは!

久しぶりの更新となってしまいましたタコブス屋.comです(;・∀・)

 

f:id:af8de1006:20180910154807p:plain

(ブログのタイトルを変えてみたよ)

 

さて、発売が待ち遠しい大先生の新しい著書【新世界】ですが、今日の西野さんのブログにて「西野さんが味わった絶望」が書かれていると発表されました!

 

詳しくはこちら↓

ameblo.jp

 

世間の批判・アンチにも全く負けないタフな大先生が味わった絶望とはいったいどれほどのものなのか?

 

なんてったって3億円の借金をしたってこのノリ↓でしたからね~(*´▽`*)b

www.youtube.com

(常に裏では勝つ算段を用意している大先生)

 

「絶望」とは一番遠い人だと思うんですけどね(笑)。

 

ちなみに僕は今日めっちゃくそ楽しみにしていた映画【MEG】を見に行ったら、前の席のやつがポップコーンを食べてる奴(通称:ポップ野郎)で絶望を味わいました。

f:id:af8de1006:20180910162933p:plain

出典:映画『MEG ザ・モンスター』公式サイト

 

ホント映画館でポップコーンやらジュースやら売るのやめてほしいですよね(ーー゛)

カップから口へとポップコーンを運ぶ腕の動作がチラチラチラチラ視界に入ってたまったもんじゃありません。とにかく気になって映画に集中出来ん。

下手すりゃポリポリ音が聞こえるし、しまいにはジュースをズコー。

 

レンタル始まってから家で見ろ!!

 

って感じです。

 

まぁ映画館がOKしている以上、責任は当事者ではなく映画館にあるんですけどね。

つい感情的になってしまいます(^-^;

飲食禁止になることを切に願います。

 

えぇーっと、話を戻しまして。

 

そんなポップ野郎よりも気になるのが西野さんの新著:新世界です!

(脱線した話を無理くり繋げたヨ)

f:id:af8de1006:20180829215827j:plain

 

発売は11月16日ですが、アマゾンでは予約がスタートしており

ランキングも堂々のトップですからもう向かうところ敵なし!

 

そしてですね、ここからが今日のブログの本題になるんですけど、

この【新世界】という本が僕は人々を新しい次元階層に気付かせる手引書になるのでは?

と思うわけです!

 

とっても怪しい話になってきました(笑)

 

ここからは僕の妄想話なのでお酒でも飲みながらかるーく読んでみてくださいね(^^)b

 

西野さんのブログでも新世界という本では

「もう一つの地球を作る」

という話を書いていると記されていました。

 

これ、西野さんが最近スタートしたサービスである【エンタメ研究所MAP】のことだと思われます。

ameblo.jp

 

今後ネットによりサービスの品質が似通ってくるのであれば人々が求めるのはサービスではなく“人”である。であれば西野さんのオンラインサロンメンバーの人なら同じサロンメンバーが経営・働いている店が一目でわかるマップを作ってそこに行ってお金を落とした方があらゆる面で有意義だよね?という着想のサービスです。

 

同じサロンメンバーなら価値観も似ているし、初対面でもすでに共通言語(話題)があるのですぐに盛り上がることが出来る。そして“お金を落とす”という具体的な支援も出来るというわけです。

 

これが定着していくとどうなるのか?もっと想像力を働かせてみましょう。

 

①サロンメンバーのA君がサロンメンバーのB君のレストランでご飯を食べます。

 

②B君はA君から料理代として頂戴したお金でサロンメンバーのC君の洋服屋さんで服を買います。

 

③C君はB君から洋服代として頂戴したお金でA君の美容院で髪を切ります。

 

④A君はC君からカット代として頂戴したお金でB君のレストランでご飯を食べます。

 

という風にお金がサロンメンバー内でぐるぐる回っていくのです。

 

つまりそこで新たな経済圏(世界・地球)が生まれるというわけ。

 

僕はこれを“世界”というと漠然としてしまうので”新しい次元”と解釈しています。

 

2次元は平面のイラストです。

 

3次元は立体。つまり僕たちが生活している実世界。

 

そして”新しい次元”は【目には見えない思考階層による世界】です。

 

西野さんのファンとアンチに例えるとイメージはこんな感じ↓

f:id:af8de1006:20180910175117p:plain

つまり肉体は“同じ”地球という3次元の世界にいるわけですが、

西野さんに対する「ファンorアンチ」という思考階層の違いにより実は違う次元を生きているわけです。

 

先に話をしました“新たな経済圏”は当然LOVE西野階層の次元であるため、アンチ西野階層で生きている人々には理解できず生きていくことが出来ません。

逆もまたしかりです。

 

まとめますと、僕たちは漠然と【誰もが地球という同じ世界に住んでいる】と考え生きていますが、実はそれぞれの思考により全く別の世界を生きているんだという気付きを与える手引書がこの新世界という本の隠れた1面なのではないかなーと勝手に妄想しています。

(あくまでも“勝手に”)

 

皆さまも一度は経験があると思うんですけど、

「こいつとは会話が成り立たないなー。うざっ!」

っていう奴いるじゃないですか?

 

あれですアレ。

あれが“思考階層の違う奴”です。

 

色々腹が立つと思うんですけど、これからは

「違う世界を生きてる奴だからしょうがない」

と思ってみると心が楽になると思います。

 

蒸し返しますけど、

僕とポップ野郎も違う思考階層を生きているんでしょうね!!!(笑)

(なんで映画見ながらコーン食うかなー?理解不能

 

以上、久しぶりのブログ更新なので妄想力全開で書いてみたタコブス屋.comでした!!