体を張っている人に信用が貯まるカラクリを考えてみた!

こんにちは!

タコブス屋.comです(´∀`)ノ

 

「雨が降るかも!」と思ってカッパを着込んでバイクに乗った結果まったく降らず蒸れまくって死にかけた状態で本日のブログスタートです!

(夏のカッパはホント気をつけた方が良い!)

f:id:af8de1006:20190702223446p:image

 

昨日のキンコン西野さんのブログでは今話題?の闇営業を超えたキンコン西野さんの【裸営業】の実態があわらになりました。

f:id:af8de1006:20190702124231j:image

【西野が脱いだ!】キンコン西野の裸営業 | 西野亮廣ブログ Powered by Ameba

 

まずもっていったいこの写真は何のために取られたのか?という壮大な疑問は置いといて、シルクハットを使うとキンコン西野さんの後押しがあるかもしれないよ!というのは非常に心強いですね(^^)

 

そして最近テレビを見ていて思いました。

 

体を張っている人って無条件に応援したくなるなーっと。

 

f:id:af8de1006:20190702224025j:image

 

言うまでもなくキンコン西野さんもそうですが、例えば江頭2:50さんとか出川哲朗さんとか上島竜兵さんとか。

 

まぁ好みの問題もあるんでしょうけど、もしこの人たちがクラウドファンディングを立ち上げたら絶対支援したいなーって思っちゃうんです。

 

で、

 

このロジックを考えてみるとクラウドファンディングって【信用の交換装置】(詳しくは西野さんの本を読んでね)であることからすると、

 

●体を張ってる人のクラファンを応援したくなる

●クラファンで応援されるひとは信用がある

●体を張っている人は信用がある

 

と言い換えられそうです。

 

f:id:af8de1006:20190702225129j:image

(体を張りまくっている西野氏)

 

そしてなぜ体を張っている人は信用されるのか?を考えるととっても普通な答えが出てきました。

 

それは

 

人のために自分を犠牲に出来る人だから

 

ですね。

 

赤の他人の笑顔のために何千冊もの本にサインを入れたり、大量のわさびを食ったり、熱湯風呂に入ったりなんてなかなか出来ないでしょう。

 

それを当たり前のようにやっちゃうんだから信用されるのも納得。というわけです。

 

何が言いたいのかというと

 

「有名人じゃなくたって、特別な力がなくたって、些細なことでも周りの人のために動ける人は信用が貯まっていってそれは大きな力になるんだよ」

 

ということです。

 

僕は転職が決まってもう少しすると新しい職場に行くことになるので、こんなことを意識しながら新天地で頑張っていきたいと思います!

 

以上、ただただ自分に言い聞かせるためのブログ記事でした(笑)

 

それではまた♪(^^)v